多田銀山勉強会:猪名川町商工会青年部の日記

猪名川町商工会青年部の日記

猪名川町商工会青年部の活動を中心とした青年部日記です。
みんな頑張ってます!今ここで頑張らずにいつ頑張る!

多田銀山勉強会

1月29日 10時30分から銀山顕彰会定例会講座を聞きにいってきました。 
 
 
場所は猪名川町サピエ2階 サピエギャラリー。 
今日は青年部から渡瀬とその家族。 
 
そして芦田設備 芦田君でした。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
会場には受講される方々が沢山集まっておられました。 
 
 
 
 
 
講師は猪名川町観光ボランティアガイド顧問 末松さんです。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最初に銀山顕彰会から末松さんの紹介などされ、 
 
それからなんと!猪名川町商工会青年部の紹介をして下さいました。 
ありがとうございました。 
 
 
 
 
 
末松さんにおかれては、学生の時より猪名川町史に携われ、 
猪名川町の歴史 観光を発信される中心的な活動をされておられます。 
 
私達青年部も大変お世話になっています。 
 
 
歴史 史料から安土桃山時代の多田銀銅山を検証していかれました。 
 
銀山の瓢箪間歩から台所間歩の鉱脈は豊臣秀吉の大阪城 
の財政を潤していた事などを史料を通し説明されました。 
 
秀吉はその頃の絵師 狩野山楽に銀山採掘権を与えたそうです。 
 
狩野山楽は銀山から取れる紺青石で鮮やかな絵を書いたそうです。 
山楽はたぐいまれなる画才の持ち主だったからこそ秀吉に 
すかれていたと、頂いた冊子に書いてありました。。 
 
今青年部で屏風岩に関わっていますが、 
絵師なら狩野山楽も屏風岩に立ち寄って 
その絵をかかれたのかな?とか思ってしまいます。 
 
絵!とか鉱脈! 屏風岩!今そういった言葉に凄く敏感に反応してしまいます。icon_045 
 
その他にもいろいろ銀山については史料が残り、日本の歴史の中で大きく 
その役割を果たしていた事を教えて頂きました。icon_058 
 
 
多田銀山の詳細をもっとしりたい方は、全てわかるガイドブックが出されている 
との事ですので多田銀山史跡保存顕彰会にお問い合わせし購入して下さい。 
連絡先は猪名川町産業観光課にお願い致します。 
 
最後に 2012いながわ桜まつり の提灯の募集もされ 
大きい声で5口!!と申込みもありました。 
桜まつりの宣伝もして下さっていました。 
 
 
ありがとうございました。icon_002 
 
芦田君お疲れ様でした。 
 
 
 
 
 
 
2012/01/30(月)