猪名川町商工会

猪名川町商工会は様々な形で会員事業所の皆様の経営を支援させて頂いております。
兵庫県川辺郡猪名川町柏梨田字前ヶ谷158−1 TEL 072-766-3012

共済のご案内

小規模企業共済  / 中小企業退職金共済  / 経営セーフティ共済  / 商工安全共済 /
自動車見舞金共済  / 各種保険

「小規模企業共済」で経営者の退職金を準備

事業主にも退職金を
掛金が全額所得控除に!節税しながらしっかり貯蓄
安心・確実な国の共済制度
担保・保証人不要で事業資金の貸付制度が利用できます
 
>>中小機構HP(小規模企業共済制度)

加入できる方

常時使用する従業員が20人以下(商業・サービス業では5人以下)の
個人事業主 及び 会社の役員

掛金について

掛金月額は1,000円〜70,000円までの範囲内(500円単位)で自由に選べます。
(半年払・一年払いも可)
○掛金は増額・減額ができます。(減額には一定の要件が必要)
○掛金は加入された方ご自身の預金口座からの振り替えとなります。

税制面でのメリット

○掛金は・・全額所得控除
掛金は、全額が「小規模企業共済等掛金控除」として課税対象所得から控除できます。
>>税額と節税額についての例(中小機構HP)
※掛金は、共済契約者ご自身の所得の中から納付して頂きますので事業上の必要経費
または損金には算入できません。
○共済金は・・退職所得扱い(一括受取り)または公的年金等の雑所得扱い(分割受取り)
として取り扱われます。

事業資金の貸付制度

○加入者(一定の資格者)の方には、納付した掛金合計額の範囲内で次のような事業資金の
貸付けが受けられます。
 □一般貸付
 □傷病災害時貸付
 □創業転業時貸付
 □新規事業展開等貸付
 □福祉対応貸付
 □緊急経営安定貸付
 
 

「中小企業退職金共済」で従業員の退職金を準備

中小企業退職金共済従業員のみなさんに退職金を
掛金は全額非課税
安心・確実・有利な国の制度
 
>>中小企業退職金共済事業本部HP

共済内容

中小企業で働く従業員のための外部積立型の国の退職金制度です。
(約38万8千所271万人の従業員の方が加入しています。平成17年6月現在)
毎月の掛金は口座振替、従業員ごとの納付状況や退職金額を毎年事業主にお知らせします。
決算関係資料も1度の登録で毎年自動送付します。

加入できる企業(共済契約者)

一般業種(製造・建設業等) 常用従業員数300人以下 または 資本金・出資金3億円以下
卸売業 常用従業員数100人以下 または 資本金・出資金1億円以下
サービス業 常用従業員数100人以下 または 資本金・出資金5千万円以下
小売業 常用従業員数50人以下 または 資本金・出資金5千万円以下

掛金月額

5,000円 6,000円 7,000円 8,000円
9,000円 10,000円 12,000円 14,000円
16,000円 18,000円 20,000円 22,000円
24,000円 26,000円 28,000円 30,000円

 ※掛け金は増額・減額ができます。(減額には一定の要件が必要です。)

掛金の助成

○新規加入助成
 本制度を新しく加入する事業主に掛金月額の2分の1(上限5000円)を
 従業員ごとに加入後4ヶ月目から1年間助成します。
 
○月額変更助成
 18,000円以下の掛金月額を増額する事業主に対して、
 増額分の3分の1を増額した月から1年間助成します。
 (20,000円以上の掛金月額からの増額は対象外となります。)
 
 

「経営セーフティ共済」で連鎖倒産に備えを

取引先企業による連鎖倒産からあなたを守ります。
金融審査ではなく、倒産先との商取引の事実確認により貸付
  (無担保・無保証人・無利子)

掛金は損金(法人)または必要経費(個人)に算入
安心・確実な法律に基づく国の制度

共済内容

本制度に加入後6ヶ月以上を経過して、取引先事業者が倒産し、
これに伴い売掛金債権等について回収困難となった場合
に、
共済金貸付けが受けられます。

加入できる企業(共済契約者)

製造業・建設業・運輸業その他業種 常用従業員数300人以下 または 資本金・出資金3億円以下
卸売業 常用従業員数100人以下 または 資本金・出資金1億円以下
サービス業 常用従業員数100人以下 または 資本金・出資金5千万円以下
小売業 常用従業員数50人以下 または 資本金・出資金5千万円以下
旅館業 常用従業員数200人以下 または 資本金・出資金5千万円以下

掛金月額

掛金月額は5,000円〜80,000円まで、5千円刻みで選択可能
(掛金の積立最高限度額は320万円)
掛金は、税法上損金(法人)又は必要経費(個人)に算入できます。

共済金の貸付額

回収困難となった売掛金債権等の額と掛金総額(前納掛金は除く)の10倍に
相当する額のいずれか少ない額の範囲内
で契約者が請求した額となります。
 
例)掛金総額100万円の共済契約者が取引先の倒産にあい、売掛金債権等
  1,500万円の焦げつきが発生した場合
  ⇒掛金総額100万円×10倍=1,000万円<売掛金債権等1,500万円(被害額)
   ・・この場合の共済金の貸付額は1,000万円が上限となります。
 
 

「商工安全共済」で怪我や事故に備えを

事業者・従業員に対する24時間の保障
労災・他保に関係なく契約者にお支払い
掛金は全額損金可(法人)

内容

傷害及び疾病による死亡、入院の場合でも勤務中も勤務外に関わらず
24時間保障がある制度です。(内容は下の表参照)
また被共済者(従業員)の傷害・疾病等による入通院から死亡まで
全ての共済金は契約者(法人)にお支払いたします。

加入できる方

1)法人事業所:役員・従業員とその家族
2)個人事業主:事業主・従業員とその家族
  上記いずれかの方で且つ健康で、正常に就業し、日常生活を営む
  満6歳以上〜満90歳未満の方
  ※ 但し満85歳以上の方は、満85歳未満から更新継続された方に限ります。

掛金

掛金(月額) 掛金(年額)
Aコース 2,000円 24,000円
Bコース 1,000円 12,000円

共済金の区分と保障額

共済金の区分 Aコース(月額2,000円)の保障額
満6歳以上 満65歳未満 満65歳以上 満75歳未満
傷害死亡共済金 1,000万円 800万円
疾病死亡見舞金 30万円 10万円
後遺障害共済金 10万円〜1,000万円 8万円〜800万円
介護見舞金 50万円
傷害入院共済金 1日につき6,000円
傷害手術共済金 傷害入院期間内に所定の手術を受けた場合 20・10・5万円
疾病入院見舞金 10万円 3万円
傷害通院共済金 18・12・6・3・1.5万円 18・12・6・3・1.5万円

 ※Bコース(月額1,000円)は保障額が半分になります。  
 

「自動車見舞金共済」でドライバーに一つ上の安心を

自賠責・任意保険とは別に事故時の費用負担をサポート
加害・被害・自損事故を問わず、100%加入者にお支払

共済内容

ドライバーの皆様、自動車保険に入っているから安心と思っていませんか?
もしあなたが人身事故を起こしてしまったら・・・。
お見舞い費用や通夜・葬儀費用など、多額の自己負担が必要になります。
見舞金共済は、あらゆる人身事故での自己負担部分を補う制度です。

加入できる方

どなたでもご加入いただけます。

共済掛金

年掛共済掛金 月掛共済掛金
普通自動車 10,000円 1,000円
軽自動車 5,500円 550円
普通貨物自動車(2t以下) 16,000円 1,600円
普通貨物自動車(2t超) 23,500円 2,350円

 ※初回加入時に出資金200円を頂きます。

共済責任の範囲

登録している被共済自動車を下記の方が運転中の交通事故の場合対象となります。
1.共済契約者(共済契約者が法人であるときは、その役員及び職員もしくは法人の業務を
  行うもの)
2.共済契約者の同居の親族(6親等以内の血族、3親等以内の姻族)
3.共済契約者が雇用しているもの

保障内容

あなたと同乗者の死亡・ケガに
相手の方(搭乗者・歩行者)の死亡・ケガに

死亡 事故の日から180日以内に死亡した時 300万円
後遺障害 事故の日から180日以内に後遺障害を生じた時 12〜300万円
入院 入院(1名1日につき) 4,500円
通院 通院(1名1日につき) 2,250円
また、上記事故時に、契約車両に3万円以上の損害があったとき
車両損害見舞金 20,000円
 
 

「各種生命保険」で安心を

死亡・入院保障や将来の年金への備え」を
万が一の災害(火災、災害)への備え」を
 
商工会では団体扱で様々な保険・共済を取り扱っております。
(民間の生命保険及び県の火災共済・自動車共済等)
 
各種保険・共済に関する基本的なお話から具体的な利用方法まで、
疑問点・お聞きしたい点がございましたら
お気軽に商工会までお問い合わせください。
(専門のアドバイザーも同行させて頂きます。)



PAGETOP